980円の投資で人生が狂った。の巻

980円の投資で人生が狂った。の巻

980円の投資で人生が狂った。の巻

Yuji : Nozawa ;
2020-02-12 18:34:24
0 件のレビューがあります
平均スコア ">

そこの……あなた。

ちょっと覗いてみませんか。

これは、

たった「980円」投資しただけで、

「クソみたいな人生が、良い意味で狂ってしまう」

そんなストーリー。

980円と、インターネット(Google)と、心身を壊さない程度の「努力」さえあれば、

誰でも、簡単に、

「自由な生活を送りながら月50万円くらいなら稼げちゃう」

胡散臭いけど胡散臭くない、現実的な内容です。


この話を知人にしても、誰も実行してくれません。

シンプルで、超ローコストで、やることは明確化されてるのに……。

非常にもったいない。

何故やらないのか……?

不思議でたまりませんね。

それほど、世の中には、「ちょっとの努力も出来ない情弱で思考停止したドM人間」が多いということです。


この記事は、主に、

・フリーランスに憧れてる

・自由でストレスの少ない幸せな人生を送りたい

・駆け出しフリーランス

・引きこもりたい

こんな人たちに向けた、

為になる現実的な、まぁまぁ良い話が詰まっているので、

ちょっとだけ、

ちょっとだけ、

ちょっとだけでいいから覗いてみてください。



Yuji : Nozawa ; とは何者かーー

どうも、はじめまして。

Web系フリーランスとして活動している、

Yuji : Nozawa ; です。

(ユジ・ノザワ)

28歳です。

LPとかホームページとか作ってます。

コーディング、デザイン、ライティング、ディレクション、営業など、ひとりで全部やっちゃってます。

Web製作だけの利益で言うと、月に50万円くらい稼いでます。

(ちなみに、そんな働いてないです。

サクッと2週間くらい働いて、

残りは遊んでます)


趣味は、映画や格闘技、

小説やシナリオなどの執筆、

ネットサーフィンなどです。

妻と、のんびり楽しく過ごしてます。


省エネミニマリスト人間なので、

「嫌いをやらない」

「やらなきゃいけないことは手短に」

を叶えるため、

断捨離、日常の効率化を徹底しています。



ライフスタイルを教えろくださいーー

基本的には……引きこもりです。

(あ、これ、自慢ですよ)

自宅で仕事して、自宅で食事をして、Amazonプライムビデオとかで映画を見たりしてます。


外って情報量めちゃくちゃ多いじゃないですか。

「ちょっとちかくのコンビニへ」

このちょっとで疲れてしまうタイプの人間なので、

満員電車に乗ったり、会社まで行って長時間労働など、そんなものは省エネミニマリストの弊僕には論論論外なわけです。

と言っても実際は近所のコンビニへ行くだけで疲れるなんてことはないのですが、

フリーランスなので自宅で仕事するじゃないですか、自宅って誘惑だらけじゃないですか、いつだってサボれる状況・環境が整ってるじゃないですか、

だから、

疲れて消耗すればするほど、

誘惑に負けちゃいそうになっちゃうんですよ。

そうならないよう、

無駄な外出を避け、買い物はAmazonやネットスーパー(SEIYU)を利用し、省エネを極めて、仕事へのパフォーマンスが下がらないようにしているのです。


べつに対人恐怖症とかパニック障害とか日光を浴びると死んじゃうとか、そういう病気ではないので、遊びに行く時だけは思いっきり外の情報量を楽しんでいます。



フリーランスになる前は「クソ」みたいな人生をーー

いま思えば最悪でした。ただのクソでした。

はぁなんて無駄な時間を……。

はぁもっと早くフリーランスになってれば……。

まぁただのよくいるサラリーマンだったわけですが、

その、「ただのよくいるサラリーマン」ってのが、めちゃくちゃ疲れるじゃないですか。

週5回も早起きして、

週10回も満員電車に缶詰められて、

週40時間も、つまんない作業をしながら、

何かちょっとうるさい老害老害予備軍の相手をしなきゃいけないじゃないですか。

時には残業

時には半強制的で不必要な飲み会に参加させられ、

金、時間、体力、命を消耗……!!!!

それだけじゃない!!!!

仕事へ行くのに準備する時間。

仕事で使う物をケアする時間。

「明日も仕事かぁ」と憂鬱になる時間。

全てが無駄無駄無駄無駄!!!!

そんな地獄の生活を後3回も繰り返して、得られる給料なんて、たかが知れてました。

何より心身ともにボロボロでした。

世にいる情弱思考停止ドM人間たちは、それを

「常識」

「当たり前」

「根性だ」

「それが社会人」

「それが大人」

などとワケのわからない論理展開をするわけですが、

そんなんやってたら人生まったく楽しめないわけですよ。

どうせ人は死にます。

人生は暇つぶしです。

どうせ暇を潰すなら、

嫌なことはせずに、ストレスを抱えずに、

楽しく過ごしたいじゃないですか。


ということで、

サラリーマンが嫌になり、退職したわけですが……

その後はアルバイトをしながら小説を書いたりしてました。

昔から、これといって「夢」とか「やりたいこと」とか、そういうの全然ないんですが、

文章を書くのがまぁまぁ好きで、

作詞、小説、シナリオなどを書いて生計を立てようと思っていました。

でもアルバイトしながらだと、やっぱキツイんですよ。(イイワケ)

出来ないことはないのですが、東京の23区内ということもあり、家賃が高いんですよ。

かと言って古くて安いところだと、ゴキとかブリとか出るじゃないですか。

虫とか爬虫類とかそっち系が本当に無理なので、

家賃が高くなっても綺麗な部屋に住もう、と頑張ってました。

だから固定費が、めっちゃ高かったです。

職場を近所にしたことによって、満員電車を回避することは出来ましたが、

もれなく「週6の8時間以上労働」が付いてきました!

そうじゃなきゃ経済的にキツイので。

当然、消耗してしまい、小説を書く時間も減っていきました。(イイワケ)

そしてモチベも下がっていきました。 

しいて言えば「小説を映画化する」がなんとなくのぼんやりとした夢ではあるのですが、この夢は「今叶えなくてもいいや」ということで、ちょっと道をそれてみることにしました。

それよりも「嫌いなことをやらない」「やらなきゃいけないことは手短に」を叶える方向へとシフトしていこうと決意しました。



幸せ行きの片道切符、980円ーー

弊僕が何者なのか、どんなクソ日和を歩んできたのか、簡単にですが何となくは理解できましたよね。

ようやく、ここからは本題に入っていきます。

なぜクソ日和を歩んできた弊僕が、たった「980円」で幸せな人生を手にいれることが出来たのか……?

それは、スキル取得の為に、980円を自己投資したからです。

いったい何に投資したのかと言うと、

それは……

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

この記事を購入する